社員インタビュー

『自身の決断』から変化が生まれた。

植木さん

熱く介護の理想を語ってくださった植木さん。

現在はらしくでどのようなお仕事をされていますか?

入社5年目で、現在瑞穂事業所の所長をしています。
所長の仕事は、事業所全体の運営方針を創ることです。
どのような事業所にするか?は所長次第ですので、大変やりがいと責任感を持って運営しています。
具体的な仕事内容は、店舗マネジメント業務として、請求管理や、稼働率、売上管理を行うほか、どのようなタイプの利用者様にご利用いただくことがベストなのか?など地域の特色をを考えた店舗運営方針を考えることです。
私は、得意分野を伸ばすという方針のもとに、年齢層や経験が様々なスタッフの良い点を見つけてできるだけ、スタッフたちに現場を任せるということを心がけています。
また、営業以外にも地域イベントに参加したり、介護事業者様との交流会への参加なども行っています。

以前はどのようなお仕事をされていたのですか?

実家がデイサービスを営んでいたことで、そこで介護の現場を経験しました。
その前は、全く異なる映像制作会社にいました。

所長として大変なことはありますか?

まず、自分は現場の仕事や人と接することが大好きなので、マネジメント職につくということに、大変な勇気と決断がいりました。
昨年より所長に就任いたしましたが、当初の正直な気持ちは、『所長はやりたくないな..』でした。
周りからは、所長になってから変わったとよく言われます。
決断のきっかけは、会社が提供してくれた一泊二日の介護とは関係のないビジネス研修でした。
要は、自己分析や将来のキャリアビジョンを描いていく中で、所長としての仕事をどのように自分なりに描いていくか?ということに答えを出したところで、決断に至りました。
話はさかのぼりますが、らしくの求人を見たときに、自分の考えていたデイサービス運営とタイプが重なり理念が一致すると感じたことで、入社を即答した経緯があります。
所長になることで、自分の思い描いていた理念を実現させるんだと考えました。
具体的には、現場重視、スタッフの長所を伸ばす環境づくりです。

これからのキャリアビジョンをお聞かせください。

所長職の段階も3段階あります。次の課題は2事業所を統括できるスキルを身に着けることです。
現場が好きなので、今も現場を見ることがたくさんありますが、所長になれば現場を創ることが出来ます。
理想のデイサービスができるように、今後も全社的な影響力を発揮できるように頑張っていきたいと思います。

PAGE TOP
お問い合わせ

介護の求人 
Copyright © デイサービス「らしく」. All Rights Reserved.

ページの先頭へ