社員インタビュー

適材適所の職場環境!

久保田さん

雨の日は旦那様が車でお迎えに来てくれるとうれしそうにお話しされていました。

現在はらしくでどのようなお仕事をされていますか?

パートとして、週に3回、9時~夕方5時まで仕事をしています。
家が近く、徒歩5程度の通勤で助かっています!(笑)
以前は、市の職員の仕事をしており高齢者特に、一人暮らしのお年寄りと接することが多くありました。
自分が元気なうちは、高齢者のお役に立つ仕事を続けたいという気持ちから、ヘルパー2級の資格を取得しました。
定年後の、介護の職はらしく以外にもありましたが、事業所の統合により通勤が遠くなったのですが、そんな時に娘がらしくの求人を見つけてきてくれて今に至ります。

普段利用者さんにはどのようなことを気を付けてますか?

毎日、利用者さんの様子を観察するように心がけています。同じ人でも体調に変化がないか?
をお話ししたり、お茶を出したりすることで把握しています。
また、利用者さんは様々なタイプの人がいらっしゃいます。
例えばハサミを使って壁紙新聞を作ること行っていますが、ハサミを使える人、使えない人、できるのに使わない人などです。
皆さんに参加し楽しんでもらえるように丁寧に説明をしてあげたり工夫を凝らしながら日々を過ごしています。

らしくはどのような職場ですか?

他の事業所の詳細はわからないのですが、適材適所を実践している職場だと思います。
私は、もう65歳を過ぎていますので重労働は腰に負担がかかります…
他のスタッフがカバーしてくれるのですが、介護という現場において年を取っているからできないこと、やらない業務があることは本来あってはならないことだと思います。
しかしながら、らしく瑞穂では運営方針が皆に共有されているから、みんなが気持ちよく得意なこと(=利用者さんにとって役に立つこと)を伸ばしながら業務に励んでいます。

PAGE TOP
お問い合わせ

介護の求人 
Copyright © デイサービス「らしく」. All Rights Reserved.

ページの先頭へ